« 天皇制は藤原氏による言論弾圧、思想弾圧、一般国民暗殺、皇族暗殺、歴史の捏造を正当化するための制度だ。天皇制は、朝鮮民族である藤原氏が「天皇は尊い」「天皇に対して不遜だ」「天皇のために死ね」と日本人を騙し、言い掛かりをつけて殺すための制度だ | トップページ | 日本人を支配しやすいように、日本人の馬鹿化を目論む朝鮮民族・藤原氏。藤原氏が日本人を支配するために、無理矢理続けている百済王族天皇制を廃止して、日本人の頭脳の劣化を止めよう! »

藤原氏は、天皇家よりも男系の血筋が上の兄貴分として天皇家を支配し続けたいから、男系天皇制にこだわる

 藤原氏と今の天皇家をDNA鑑定したら、藤原氏と天皇家が同じ血を分けた朝鮮民族であり、共に百済最後の王・義慈王の男系子孫であることが分かるだろう。共通の男系先祖を持つからこそ、藤原氏は男系天皇制にこだわる。しかも藤原の方が兄王子・豊璋の子孫、天皇家の方が弟王子・善光の子孫で、藤原の方が格上なのだから。

 もし仮に皇女が女帝となって日本人男性と結婚して、その間に生まれた息子が次の天皇になるなどして、天皇家の男系の血が日本土着民の男系の血と交代してしまったら、藤原氏が天皇家よりも格上の百済王族の男系の血筋だという優越性がなくなってしまう。藤原氏が天皇家の上に立ち、天皇家を支配する理由がなくなってしまう。だから、藤原氏は男系天皇制にこだわり、「男系天皇制でなくなると日本が滅びる」などと、意味不明の、いかにも頭の悪そうなたわごとさえ言う。

 日本人を騙し続けようと必死になっている朝鮮民族・藤原氏の、この手のたわごとに同調してみせる日本人は、藤原氏の目論見通り、頭が悪くなっていると言えるだろう。

|

« 天皇制は藤原氏による言論弾圧、思想弾圧、一般国民暗殺、皇族暗殺、歴史の捏造を正当化するための制度だ。天皇制は、朝鮮民族である藤原氏が「天皇は尊い」「天皇に対して不遜だ」「天皇のために死ね」と日本人を騙し、言い掛かりをつけて殺すための制度だ | トップページ | 日本人を支配しやすいように、日本人の馬鹿化を目論む朝鮮民族・藤原氏。藤原氏が日本人を支配するために、無理矢理続けている百済王族天皇制を廃止して、日本人の頭脳の劣化を止めよう! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事