« 藤原氏は、天皇家よりも男系の血筋が上の兄貴分として天皇家を支配し続けたいから、男系天皇制にこだわる | トップページ | 藤原氏と天皇家の本当の血筋を明らかにして、百済王族天皇制に終止符を打つことにより、日本人の頭脳をできる限り再浮上させたい! また、人類の人間性向上により、世界平和を実現させたい! そのために、名古屋大学理学部関係者で2008年にノーベル賞を受賞した3名・小林誠氏、益川敏英氏、下村脩氏と、2001年にノーベル賞を受賞した野依良治氏と共に、世界に向けて共同記者会見を開いて、メッセージを伝えたい! »

日本人を支配しやすいように、日本人の馬鹿化を目論む朝鮮民族・藤原氏。藤原氏が日本人を支配するために、無理矢理続けている百済王族天皇制を廃止して、日本人の頭脳の劣化を止めよう!

 天皇家は頭の悪い血筋だと言う人がいる。一生懸命、頭のいい女性を皇族妃として選んで迎えても、生まれる子供の出来があまりよくないとも言われる。それは何故だろうか。本来、王家は頭のいい血筋であることが多い。しばしば天才的頭脳の持ち主が生まれることも多い。日本の初代天皇家などは、頭のいい血筋だった。しかし、百済王族天皇家は全然そうではないと言われる。なぜか。それは、藤原氏が百済王族天皇家に取り付いて支配し、自分達が支配しやすいようにしてしまったからである。

 藤原氏は、聡明な天皇を立てることを避け、頭の悪い操りやすい天皇を立てることを意図的に続けてきた。その頻度が余りに高かったため、必然的に頭の悪い血筋になったものと考えられる。今現在は、賢くて愛妻家で人柄が良いと言われている徳仁皇太子をマスコミを使って無理矢理叩き、勉強の出来が非常に悪かったと言われ、愛人や隠し子がいるという根強い噂のある、秋篠宮を次の天皇にしようと、宮内庁こと藤原氏はしているらしい。昔も今も藤原氏は何一つ変わらない。このような、疫病神ともいえる藤原氏に取り付かれ、支配されると、どんな人々だって、どんな血筋だって、当初は頭のいい血筋だったとしても、結局は、頭が悪くなってしまうのである。天皇家だけではなく、それは日本国全体についても言えるのではないだろうか。

 これ以上天皇制が続いて、日本人が朝鮮民族藤原氏に騙され、取り付かれ、支配されれば、日本人は藤原氏によって、益々頭を悪くされるだろう。当然の結果として、日本は益々衰退していくだろう。

 戦争では、日本は他国と違って優秀な男性を選りすぐって、「わざと」死地に追いやったそうだ。そのため、優秀な男性ほど根こそぎ駆り出され、多く死んだそうだ。残った男性達は頭脳、体格共に劣った人達だったそうだ。しかし優秀な女性達がそれらのそれほど優秀ではない男性達と結婚して子孫を残した。子供の頭は母親の方に8割方似ると言われているが、そのためか、この時は心配されたほど日本民族は劣化しなかった。

 しかし、戦後、日本では女性が子供を持ちやすいようにするための、家庭と仕事とを両立させる政策を充分に実行しなかったため、優秀な女性ほど子供を産みにくい状態が長く長く続いた。何十年以上も、大した改善がなされないまま、その状態は続いた。

 その結果、戦争直後には、優秀な女性達を通じてせっかく残っていた優秀な頭脳の遺伝子も、その後、何十年もかけてかなり減少してしまった。女性が子供を産める年齢の上限を49歳と考えると、50年以上もそのような状態が続くと、日本人の優秀な遺伝子は当然の結果として、大部分が絶えてしまう。今年は2010年であり、戦後、もう65年経った。そのため日本人の頭は急激に劣化したのではないだろうか。

 このように、他の国に比べると日本は明治時代以降一貫して、優秀な男性の血、優秀な女性の血が共に絶えてしまうような方向性を、なぜか愚かにも続けてきた。

 その方向性は、一体誰の手によって決められてきたのか。日本人の頭脳の劣化を望む、百済王族藤原氏の意思が、かなり入っているのではないだろうか。優秀な日本人男性を戦争で殺しまくっても、思ったほど劣化しなかったが、優秀な日本人女性の血を絶やすことにより、今度こそ成功した、ということではないのか。彼らを甘く見ない方がいい。自分達が支配しやすいように、天皇家の頭脳の劣化にまんまと成功している藤原氏なのである。

 また、藤原氏による言論弾圧、思想弾圧によっても、日本人の性格は意気地なしになり、思考能力は萎縮し、低下するだろう。「天皇に戦争責任がある」と言っただけで右翼から狙撃されたり、宮内庁の圧力によって、天皇制支持率をずっと隠蔽され続けたり、マスコミが天皇制に関することの言論を一切封殺されていたり。平成に入ってからの言論弾圧は、特に酷い。

 天皇制がある限り、天皇の周りをがっちり取り囲む宮内庁の意志は、官僚や政治家やマスコミに反映され、それが日本民族の頭脳が劣化する方向への政策となって現れるのではないだろうか。

 特に、平成になってから、日本人は馬鹿になったとよく言われるようになった。2010年7月24日朝日新聞be on Saturday版のアンケートによると、「日本人は『劣化』している?」という質問に対し、77%がはい、23%がいいえと答えたそうだ。このように、多くの人が私と同じ感想を持っている。

 また、平安時代に日本を支配していた藤原氏が、再び日本支配を始めたのは明治時代になってからだが、明治、大正、昭和、平成、と次第に確実に日本人の頭は悪くなってきている、と指摘する人が多い。

 日本人を支配しやすいように、日本人の馬鹿化を目論む朝鮮民族・藤原氏。藤原氏が日本人を支配するために、無理矢理続けている百済王族天皇制を廃止して、日本人の頭脳の劣化を止めよう! 藤原氏によって失われた優秀な遺伝子はもう戻ってこないが、これ以上の日本民族の馬鹿化は阻止したい。

|

« 藤原氏は、天皇家よりも男系の血筋が上の兄貴分として天皇家を支配し続けたいから、男系天皇制にこだわる | トップページ | 藤原氏と天皇家の本当の血筋を明らかにして、百済王族天皇制に終止符を打つことにより、日本人の頭脳をできる限り再浮上させたい! また、人類の人間性向上により、世界平和を実現させたい! そのために、名古屋大学理学部関係者で2008年にノーベル賞を受賞した3名・小林誠氏、益川敏英氏、下村脩氏と、2001年にノーベル賞を受賞した野依良治氏と共に、世界に向けて共同記者会見を開いて、メッセージを伝えたい! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事